あじさい観賞に岩めぐり【大野山アルプスランド】の魅力を再発見!

お気に入りの無料キャンプ場が、一時閉鎖になってから半年が過ぎ。未練がましく来てしまいました。

そして今回の訪問で気付いたんです。

「大野山アルプスランドってキャンプできなくても、いいところやん!」

大野山山頂

大野山アルプスランドはキャンプ場閉鎖でも楽しかった

6月下旬 この日の大阪市街地は気温26℃で少しじめっとしていました。

大野山アルプスランドに到着して真っ先に思ったのが、

「涼しい~!」でした。

山頂一帯にあります大野山アルプスランドは753mありまして、この辺りでは一番標高が高いんです。

曇り空でしたが、緑がきれいで清々しい空気!

山頂付近

市街地との差 なんと-7℃

帰る頃には19℃でした。半袖ではちょっと寒いくらい

気温19℃

あじさい鑑賞は7月上旬

大野山のあじさい

アジサイが綺麗に咲いていましたが、ピークはもう少し先だとか。

アジサイの手入れをされてる方の話しでは、「ここは標高が高いから他より遅いよ。7月に入ってからが見頃」だそうです。

それに合わせて毎年恒例のあじさいまつりがあります。

岩めぐり

大野山アルプスランドには、大きな岩がたくさんあり、それらの岩を見ながら自然の中をハイキングできるコースがあります。

ここが岩めぐりの入り口です。(動きやすい服装で、サンダルなどはNG)

岩めぐり

大夫婦岩 他にも見ごたえある箇所がいくつもあります。

思っていた以上の迫力です。

大夫婦岩

キャンプ場が一時閉鎖になったのは残念ですが、その他にも楽しめるところでした。

キャンプ場閉鎖の記事はこちら

関西で人気の無料キャンプ場と言えば「大野山アルプスランドキャンプ場」 実際、いい天気の週末はたくさんの人で賑わう有名な所でした。そんな人気のキャンプ場が閉鎖とは、、、

車でのアクセス

非日常を味わえてドライブも楽しかったので、ご紹介します。

大阪からは、車で約1時間。県道12号線を北へ

この看板を過ぎたら左折。(杉生の交差点)

県道12号線の看板

しばらく行くと看板アリ ここから本格的に登り始めます。

坂手前の看板

さっきの看板からすぐに分岐点

手前を右へ(暗いときは要注意)

分岐点

道中は細いですが、1本道で迷うことはないです。

お出かけ感たっぷり(ワクワクします)

登り路

猪名川の源流

山頂の少し手前にあります。ここから猪名川が始まるんですね。

猪名川の源流

到着 駐車場はこの奥にあります。

到着

駐車場

未舗装 傾斜あり 50台収納とのことですが、区画割が不明瞭です。(みなさんなんとなく停めてます。)

大野山の駐車場

※注意 帰りも一方通行です。(来た道を戻らないように)

さっきご紹介した「岩めぐり」はこの先すぐですが、駐車場は無いです。

帰り道

まとめ

以前は無料キャンプ場が大人気で、ほとんどの人がキャンプのために来ていました。そのキャンプ場が閉鎖されたので訪れていた人の数は激減していましたが、

おかげで大野山アルプスランドの魅力を再発見できました。

  • 空気がきれいで景色もいい
  • 涼しい(市街地より−7℃)
  • アジサイ観賞は7月上旬がいい
  • 岩めぐりは予想以上の迫力
  • 猪名川天文台(アストロピア)
  • ドライブにもオススメ

天文台以外はすべて無料です。(駐車場も無料)

ありがとう猪名川町役場

キャンプ場に来ていた時は、まったく気付きませんでしたが、

大野山アルプスランドは非日常を楽しめる、おすすめスポットでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

天文台についてはコチラ

大野山山頂一帯を大野山アルプスランドといい、キャンプ場(現在は閉鎖)やハイキング、夜景スポットとして楽しめるところです。なかでも【猪名川天文台アストロピア】は、宇宙や星座に全く知識の無い私たちも楽しめまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする