「淡路サービスエリア(下り)」での車中泊は、大丈夫な人にはかなりイイ

ここは知名度、売上ともに全国トップクラスの大人気サービスエリアです。

ひねくれ者の自分は今まであえて避けてきましたが、「生しらす丼を食べてみたい。」ということで淡路島に行くことにしました。

車中泊歴10年で初の「淡路サービスエリア(下り)」に行ってみました。

淡路サービスエリア(下り)

「淡路サービスエリア(下り)」出入り多いですね・・・

ここは本州から最初のSAですし、金曜の夜でしたので

「どのくらい混むのかな~?」と思っていたら、そこまでの混雑ではなかったです。

金曜の夜の淡路SA(下り)

もともと駐車スペースはかなり広いですし、このくらいの台数なら余裕だな~と考えてました。

しかしその考えは甘かったです。

  • 夜中でも車の出入りがかなり多く、その度に聞こえるドアの開閉音や話し声
  • 夜中でも走り回る子供たち
  • 奥の方でドリフト的なの始まる

正直自分の理想としている条件ではありませんでした。

深夜でしたが、併設されている淡路ハイウェイオアシスへ移動しそこでの車中泊になりました。

淡路ハイウェイオアシスの車中泊オススメ記事はこちら

淡路SAと淡路ハイウェイオアシスは別です。実際に行ってみた感想ですが、車中泊に関しての環境は全く違います。好みの問題ですが、静かにゆっくりするなら淡路ハイウェイオアシスが断然オススメです。

車中泊にもありがたい充実した施設

「寂しくない所で車中泊がしたい」とか、「24H開いているお店が欲しい」ということなら淡路SA(下り)は理想的な車中泊スポットだと思いました。

大人気のサービスエリアと言われるのも納得です。

お店は充実してます

フードコートは24H営業なので、いつ来ても食べることには困りません。

フードコート

売店も24H営業なんですね。

お土産の種類は豊富で、見ているだけでも楽しめます。

夜の売店

朝食は、ミスドにしました。朝の6時ですのでスタバは開店前で、ミスドの一択でした。

(車中泊は淡路ハイウェイオアシスでしたが、朝食のために戻ってきました。)

朝のミスド

お出かけ感たっぷりで、この場所はオススメです。

明石大橋を眺めながらの、贅沢なロケーションでコーヒーも格別にうまかった!

明石大橋を見ながら朝食

スタバからの眺めもよさそうです。

スタバ

駐車場とトイレ

駐車場はかなり広い

広い駐車場

トイレはかなりいい(温水洗浄機能アリ)

快適なトイレ

一部の洗面所でお湯がでます。寒いときはありがたい。

その他、充実の設備

寄り道だけでも価値はあると思います。

明石大橋の絶景

ライトアップされた明石大橋 いいですね!

ここから見ると神戸側からとは、ずいぶん違って見える感じがします。

ライトアップされた明石大橋

大観覧車とドッグラン

淡路サービスエリアのシンボル的な大観覧車。

今日みたいな晴れた日は絶景が見れるでしょうし、夜は観覧車自体もライトアップされロマンティックなんでしょうね。

でも乗りません。40過ぎたおっさんが一人で、、、無理でしょ!

(ペット用ゴンドラも有り一緒に乗れます。)

詳しくはこちら淡路SA大観覧車

大観覧車

ドッグランは無料です。

愛犬と一緒に旅されてる方って時々見かけますけど、正直言いまして「羨ましい」です。

嫁と次男が動物の毛にアレルギー反応でるんで・・・スイマセン脱線しました。

ドッグラン

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドは24H営業です。(セルフ式)

ありがたいです。

ガソリンスタンド

まとめ ここでの車中泊は好き嫌い分かれると思いました。

今回初の「淡路サービスエリア(下り)」でしたが、充実した施設でサービスエリアとして全国トップクラスの売上と知名度ということは、よくわかりました。

車中泊スポットとしても、ここがお気に入りだという方は多いと思います。

が、人気が有り過ぎるゆえに車の出入りが多いです。

車中泊に限ってですが、自分にとって好条件とはいえませんでした。

基本情報

名  称 淡路サービスエリア(下り)
住  所 兵庫県淡路市岩屋仮田2568
駐  車  場 普通車352台 大型車102台 身障者用4台
営 業 時 間 フードコート 24H営業
売店 24H営業
レストラン 7:00~21:00
スターバックス 7:00~22:00
神戸ベル 7:30~18:00
ザ・丼 7:00~21:00
ミスタードーナツ 7:00~21:00
6:00~21:00(土日祝)
GS 24H営業(セルフ)
大観覧車 9:00~21:00(最終乗車20:45)
ドッグラン 24H利用可

これまでの車中泊おすすめ一覧

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする