大王わさび農場なら大王レストラン名物「本わさび丼」が激ウマ!

こんにちは よしゅおです。

突然ですがみなさん「わさび」はお好きですか?自分は大好きです。お寿司に蕎麦に絶対欠かすことのできない重要な存在なのに、その扱いはいつも脇役ですね。

そんな脇役のわさびがメインとなっているのが「大王わさび農場」です。本わさび丼、わさびソフトクリーム、わさびコロッケなどわさび好きにはたまらないところでした。

券売機と見本

大王わさび農場はわさび日本一

大王わさび農場入口

長野県安曇野市にある大王わさび農場は、日本一のわさび農場で100年以上の歴史があります。黒沢監督の映画「夢」のロケ地になったこともあり、年間120万人が訪れる安曇野No1観光スポットとなっています。

大王わさび農場 詳しくはこちら

日本一のわさび園

広さ15ha 収穫量は年間150トン  ピンとこない数字ですが、とにかく凄いんですね。直射日光から守るため暑い時期は黒い特殊な布をかぶせます。

わさび畑

横から見たわさび畑と手前は北アルプスの湧き水で、めちゃくちゃキレイです。この水に足だけ入れるコーナーもあります。

わさび畑

わさびには「水」が重要

  • 水温 10℃~15℃でないといけない
  • 水質 中性
  • 水量 清らかな水が大量に必要

わさびを育てるにはとにかく「水」が大切なんですね。安曇野がわさび日本一の生産地であるのは「北アルプスから湧き出る大量の水」のおかげなんだそうで、この農場を流れる量は12万トン/日という想像もつかない量です。

大王レストラン名物「本わさび丼」

大王レストラン

この大王わさび農場に来た1番の楽しみが名物の「本わさび丼」です。オープンは10時半ですので他を散策し10時に戻ったら、もう列が出来てました。やはり人気のお店のようです。時間ちょうどに開店し食券を買ったら番号が呼ばれるのを席で待つスタイル。

次々と呼ばて、、、きました。

「本わさび丼」 

本わさび丼

300食限定/日 980円 高いのかどうかよくわからないが、ここでしか食べれないし周りもほとんどこれを注文してました。早く頬張りたい気持ちを抑え「え~と食べ方は…」まあとにかくわさび(中央に置かれてる)を擦っていただきます。

「うまいー!うますぎやん!鼻を突き抜ける刺激とその後に優しい爽快感~」

考えてみたら肉とか魚介とか入ってるわけでは無く、ようは混ぜご飯。なのにこんなにも美味しいとは。「わさびよ~よかったなぁ。ここでは間違いなくキミが主役だよ!」って言いたいくらいの満足。ごちそうさまでした。オススメです。

その他オススメ

ロケ地にもなった水車小屋

水車を回している蓼川は北アルプスからの湧き水で近くに寄ると、とても清々しい空気を感じられます。時間がゆっくり流れる場所でした。

水車小屋

わさびソフトクリームとお土産

人気の「わさびソフトクリーム」はわさびが苦手な方でも大丈夫なんじゃないでしょうか。ほんのりとわさび味がソフトクリーム自体の甘さを引き立てて美味しい。お土産にはいくつか買いましたが「信州限定ハッピーターン」に手を出してしまった。

湧水体験

北アルプスからの湧き水を肌で感じることのできるコーナーです。入ってみると見た感じ以上に水が綺麗だとわかりますが、とても冷たく1分も入っていられません。

他にもクリアボートは周囲を流れる川を楽しめたり、わさび漬け体験、大王神社、わさび直売所、記念館など見どころ満載です。

まとめ

駐車場 普通車350台 大型車25台

駐車場は早朝から解放されていますので、早めにきても停めれます。お盆の繁忙期ということもあり昼前には満車になっていました。

駐車場

大王わさび農場は入場無料、駐車場も無料ですので気兼ねなく入れるのもありがたいです。普段何気なく使っている脇役のわさびですが、ここでは主役として扱われ、見て味わい体験できる他にはないところでした。安曇野で1番の観光スポットと言われるのも納得です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする