淡路島北端の岩屋観光は想像以上にディープだった

「淡路島って、1日あれば回れるでしょ~」って言ってた人がいましたけど、無理ですね!

今回行ってみて、よくわかりました。

実際、岩屋地区の散策だけで1日たっぷり楽しめました。

絵島

岩屋観光はおもしろいところがいっぱい

今回の岩屋散策でおすすめをマップにしました。

パワースポットを巡る

淡路島は別名を「国生みの島」といい古事記の冒頭にも、日本創世の地 ということが書かれているそうです。

ですので淡路島の各地でそのことにまつわるパワースポットが存在するのですが、今回散策した岩屋エリアにもたくさんありました。

①絵島

イザナギノカミとイザナミノカミの二神が国づくりのため、

一番最初につくった場所と言われているのが、この絵島です。

ホントかどうかわかりませんが、ロマンを感じます。(諸説あり)

絵島

この絵島は砂岩なんだそうです。砂ですよ砂!

裏から見ると歩けそうな感じですが、今は立ち入り禁止なんです。う~ん残念

絵島

②岩楠神社

この神社、規模はとても小さいんですが不思議なパワーを感じるところでした。

表通りからは恵比寿神社しかわかりません。

恵比寿神社

奥に見えます恵比寿神社のさらに奥です。

岩楠神社は日本最初の夫婦神イザナギノカミとイザナミノカミ、その間に生まれた蛭子命(ひるこのみこと)が祀られています。

蛭子は未熟児だったため海に流されてしまったのですが、漁師に助けられ恵比寿さまになって戻ってきたらしいのです。(結構ヘビーな話ですね)
岩楠神社

ここは表通りの騒音は全く気にならず独特な雰囲気で、

近くに行くことがあれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

③石屋神社(いわや)

通り沿いに鳥居がある珍しい造りです。

石屋神社

淡路島で最も古い神社の一つとされている石屋神社。

ここにもイザナギノカミとイザナミノカミが祀られています。

それとクニトコタチノミコト(日本創世の最初の神)が祀られています。

石屋神社の境内

ご近所らしい方々が、結構こられます。地域に親しまれた神社な感じがしました。

④大和島

大和島

山頂は大和島のイブキ群落という県の天然記念物らしいです。

あとここで気に入ったのがロケーション。

写真の奥には釣りを楽しむ多くの方がいまして、明石海峡大橋を眺めながら最高ですね。

のんびりできそうな駐車場は無料ですし、一応トイレ(必要最低限のもの)もあります。

その他のオススメ

淡路島最北端に位置し明石海峡大橋の真下にあります、磯の香りがたっぷりの道の駅。

⑤道の駅「あわじ」

公式HPはこちら 道の駅あわじ

道の駅あわじ

おさかな共和国えびす丸の「生しらす丼」

これは最高にうまかった!!(生しらす丼 900円)

この値段で、この味とボリュウームは文句無しです。

生しらす丼詳しくはこちら

淡路島の生しらす丼が食べたい。(1度も生しらすを食べたことがない) 旅行のじゃらんより、関西道の駅ご当地グルメ2018で紹介されてたのを見たのがきっかけで淡路島に行ってきました。 詳しくはこちら 今回の目的地は【道の駅 あわじ】おさかな共和国「えびす丸」です。

車中泊は禁止!?

長時間駐車禁止の看板がありました。 一応車中泊はしないのが無難かなと思います。

淡路島北部での車中泊オススメ記事はこちら

淡路SAと淡路ハイウェイオアシスは別です。実際に行ってみた感想ですが、車中泊に関しての環境は全く違います。好みの問題ですが、静かにゆっくりするなら淡路ハイウェイオアシスが断然オススメです。
売店でお土産とお風呂の割引券

道の駅内で買い物の合計金額が1000円を超えると、近くの温泉の割引券がもらえます。

(ちょうだいって言わないとくれないんです。)

お風呂の割引券

⑥美湯 松帆の郷

明石海峡大橋を眺めながらの温泉です。車中泊好きの自分としましては重要な所です。

さっきもらった割引券つかいます。(シャンプー、ボディーソープなど備え付けあり)

松帆の郷

詳しくはこちら 美湯 松帆の郷

⑦岩屋海水浴場

先程の石屋神社の目の前です。海水浴シーズンはもちろん大人気スポットなんでしょうが、海の風と香りを感じながらの散歩は気持ちのいいもんでした。

オフシーズンの砂浜ってけっこうゴミがあったりしますが、ここはきれいでした。

岩屋海水浴場

まとめ

淡路島北端の岩屋エリアを散策しましたが、淡路島は広いな~としみじみ思いました。一日動き回っても地図で見ればほんの一部なんですね。

国生みの島」といわれるだけあって、見どころもたくさんで不思議なパワーをもらえました。

あと初めて食べた生しらす丼はホントにうまかったです。

オススメも盛りだくさんで、絶対にまた来ようとおもいました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする