ご当地グルメで大人気の【道の駅 あわじ】生しらす丼が美味かった!

淡路島の生しらす丼が食べたい。(1度も生しらすを食べたことがない)

某大手旅行会社の記事で大きく紹介されているのを知ってから、これは是非とも食べてみたい!

ということで行ってきました【道の駅 あわじ】おさかな共和国「えびす丸」

そもそも「淡路島の生しらす」というブランドなんだそうで、それすらも知りませんでした。

えびす丸の旗

【道の駅 あわじ】の生しらす丼がホントに美味かった

人生初の生しらす丼に感激しました。

生しらす丼

おさかな共和国「えびす丸」

開店前でしたので一応メニューを見ますが、注文はもちろん生しらす丼900円!

他にも気になる品が多数ありますがブレません。

(補足:海千館は旧店名で現在はおさかな共和国「えびす丸」)

えびす丸のメニュー

午前9時 開店直後ですが、すでに20人くらいいます。

受付で注文と会計をして番号が呼ばれるのを待つ、という流れでした。

待ってる間にお茶を用意(セルフ式)

開店直後のえびす丸

店員さんも元気にきびきびとしていて、5分くらいで呼ばれました。

たぶんもっと混んでも、回転は速そうな感じでした。

食べる場所は店内でも外でもOKなのでもちろん外へ。

明石大橋と生しらす丼

明石海峡大橋を見ながら いただきます! 美味い~美味すぎる! 来てよかった。

臭味も苦みもまったく無く箸が止まらない。そして食べても食べても下から生しらすが出てくる感じ。

タレは醤油じゃなくてポン酢でした。これもよかった◎

他店の生しらす丼を食べたことが無いので比較できませんが

初めての生しらす丼は大満足!この味と量で900円は安いと思います。

ごちそうさまでした。

松帆アンカレイジパーク

道の駅あわじは真上に明石海峡大橋があり、この景色だけでも来る価値あり。

明石海峡大橋の真下

この辺り一帯は「松帆アンカレイジパーク」と呼ばれていますが、アンカレイジというのがこの巨大なコンクリートの建造物です。

世界最大のつり橋である明石海峡大橋をこのアンカレイジでつなぎとめています。

アンカレイジ

他にも広場には明石海峡大橋を作るときに使用した重石や潜水機が展示されてます。

明石海峡大橋と広場

明石海峡大橋の圧倒的なスケールと絶景、それに海の香りが凄かった!

時間を忘れてのんびりできます。

その他

淡路バーガーと淡路牛丼のお店

お腹いっぱいになってしまい、ここでは食べれませんでしたがなかなかの人気店でした。

淡路牛と淡路産玉ねぎを使用されているそうで、食べたい!次回は必ず!!

詳しくはこちら

売店

しらすだけじゃなく海の幸が色々揃ってます。

道の駅あわじの売店

お土産に買った生しらすの旨煮は絶品!

玉ねぎのポテチはおいしかったけど、ちょっと高かったと思う。

道の駅あわじのお土産

道の駅で1000円以上買い物をすると、近くの温泉「松帆の湯」の割引券がもらえます。

お風呂の割引券

トイレ

きれいに掃除されていましたが、ちょっと古い印象だったのと温水洗浄便座がなかったのが残念だった。

道の駅あわじのトイレ

まとめ

初めての生しらす丼を食べに【道の駅 あわじ】に行ってきました。

  • おさかな共和国えびす丸の生しらす丼はホントに美味しかった
  • 淡路牛バーガーと淡路牛丼も次回は食べてみたい
  • 明石海峡大橋とアンカレイジの圧倒的スケールは見応え十分
  • 磯の香を感じながらの散策は癒される

他にもまだまだ魅力のあるところだと思いますし、人気の道の駅というのも分かった気がしました。また来ます。

名称 道の駅 あわじ
住所 兵庫県淡路市岩屋1873-1
駐車場 普通車70台 大型車10台 身障者用2台
店舗 おさかな共和国 えびす丸 9:30~17:30 (土日祝9:00~)
レストラン海峡楼 11:00~18:00
淡路牛バーガー&淡路牛丼 9:30~17:00
売店 9:30~17:30
公式HP  詳しくはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました。

追記 車中泊は不可?

道の駅 あわじ の駐車場は明石海峡大橋の真下にあり、平坦で落ち着いた感じでした。

道の駅あわじの駐車場

ここで車中泊もよさそうだな と考えたんですが、、、

こんな立て看板がありました! みなさんはどう思いますか?

車中泊は禁止!?

ハッキリと書かれてはいませんが、車中泊はやめといた方がいいかな~ 残念です

淡路島北部で車中泊はこちら

淡路SAと淡路ハイウェイオアシスは別です。実際に行ってみた感想ですが、車中泊に関しての環境は全く違います。好みの問題ですが、静かにゆっくりするなら淡路ハイウェイオアシスが断然オススメです。

これまでの車中泊オススメ一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする