初めての信州観光~ビーナスラインで白樺湖に霧ヶ峰、八島ヶ原湿原も

「夏の信州は涼しくて最高だよ!帰りたくなくなるよ~」って聞いてから、ずっと行ってみたかった長野県。スキー旅行以外では初めて来ました。関西にはない雄大な自然と爽やかな空気に感動し、いつまでも浸っていたくなるところでした。

「とにかく諏訪ICで降りてビーナスラインを走るんだよ」とのアドバイスをもとに、どうなることかと思いながらのドライブでしたが、結果は大満足の観光旅行になりました。

ビーナスライン

ビーナスラインで観光地めぐり

ビーナスラインを走り、立ち寄ってみた観光地を①~⑦にまとめました。これ以外にもおすすめスポットがあるかと思いますが、初めてなりに大満足の観光旅行になりました。これから信州へ行ってみようと思う方の参考になればと思います。

まずは中央道、諏訪ICを降りてからビーナスラインを目指します。

ビーナスライン始まり

①御射鹿池(みしゃかいけ)

正確に言いますといきなりビーナスラインから逸れるのですが、どうしても行ってみたかったのが御射鹿池です。

御射鹿池

テレビで見たことがある風景! 水面に映りこむ木々が美しい。農業用ため池で酸が強く生き物は生息できないから水面が濁らず澄んでいる。早朝だったからかとにかく静かです。張り詰めた空気が神聖で、近くを流れる小川の音だけが響いていました。

御射鹿池駐車場

歩いてすぐの所に無料駐車場があります。売店や自販機などは無し。

②北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅

北八ヶ岳山麓駅

北八ヶ岳ロープウェイの乗り場で登山客が山頂駅まで乗ります。そこから様々なコースがあり日帰りや、山小屋で泊りがけの登山もあります。それとワンちゃん専用お留守番ハウスがありました。登山客が犬を預けるんですね。

駐車場は24時間解放され、朝一番のロープウェイを狙って車中泊している人も多くいました。

北八ヶ岳の山麓駐車場

売店 お土産には1番人気の「ツルコケモモタルトケーキ」とおやつ用に「こけももクリームチーズロールケーキ」を購入。タルトケーキはあっさりした甘さのももが美味かった。ロールケーキはチーズの酸味がグッドです。お土産1番人気

こけももクリームチーズロール

北八ヶ岳ロープウェイ詳しくはこちら

③女神湖

女神湖

女性のパワースポットでもある女神湖は、ゆっくり1周して約30分です。ここはシンプルに散歩が楽しめて、あまり商売っ気が無いのが印象的でした。湖畔でのんびりしたいならオススメです。周辺には無料駐車場とGSもあり。

④白樺湖

次に寄った白樺湖は先程の女神湖とだいぶ雰囲気が違いかなり混雑してます。白樺湖でも東側は遊園地、ボーリング、プールなどがあり小さな子供がいるファミリー向けなのかなという感じでした。

白樺湖は混雑

もちろん人気の観光スポットですので、それに合わせて商業施設が充実しているということなんでしょうが、だいぶ想像と違いました。正直オッサンの一人旅にはちょっと合いませんので早々に移動です。(ちなみにここらの駐車場は有料と無料が混在してます。)

同じ白樺湖でも南側へ行くとだいぶ雰囲気も変わります。

白樺湖

ここではイメージしていた白樺湖がみれました。さっきよりはだいぶ落ち着けるかな? そうでもなかった… なんていうのか改造車のオフ会っていうのかな。いくつかのグループがいて、いろんな意味で騒がしい。白樺湖はもういいや、きっと今日みたいな大型連休じゃなければ、もっと素敵な所なんだと思います。

すずらんの湯 

すずらんの湯

まだ昼前ですが、この先に温泉はなさそうなので入ります。わりとシンプルな所で必要なものは一通りそろってました。お風呂からは白樺湖が眺められるようになっていて、休憩所も広くくつろげます。

ここはサービスで3時間以内は再入場OKなんです!(繁忙期は不可)

周辺がランニングコースになっていて、運動後にもどうぞいうことなんだそうです。白樺湖ではここが一番よかった。(事前にプリントアウトで100円引のクーポン有り)

詳しくはこちら

⑤霧ヶ峰 富士見台

霧ヶ峰富士見台

晴れた日には富士山やアルプスの山並みを眺めることのできる展望エリアです。売店と食事処もあり多くの人で賑わっていました。

奥が富士山

写真の中央、奥にうっすらと見えますが~イマイチですね。まあいいんです、風と自然を楽しめたので。

タイヤ痕

ここは夜はあまり寄らないほうがいいですね。駐車場に残るたくさんのタイヤ痕がその理由です。もちろん昼は何の問題もないと思います。

⑥八島ヶ原湿原

八島ヶ原湿原

八島ヶ原湿原は湿原全体が国の天然記念物に指定されています。形成されたのは1万年以上も昔だそうで、高山植物の宝庫となっています。

この八島ヶ原湿原は徒歩(約1時間半)で1周できますので、行ってみました。

八島ヶ原湿原の遊歩道

遊歩道が整備されていますので楽に歩けるかと思ったんですが、普段の運動不足を痛感しました。※長ズボン必須、足元に植物がこすれます。

しかもこの後道を間違え悲惨な目に。

八島湿原物見台

分岐点から登り続けて「物見岩」というところまで来てしまった。完全に登山道で、たまにすれ違う人はみなさん重装備だった。(軽装で手ぶらは自分だけ)

1周するだけの遊歩道かと思っていたら、分岐点があったんですね。わからんかった。もしも私と同じように道を間違えてしまった方へ、途中に鹿よけの防護柵があったら必ずUターンしてください。その先に行けるのは登山者だけです。

2時間以上歩いて無事戻れました。水分補給もできず、道を間違えちょっと危なかったかも。

八島湿原トイレと駐車場

駐車場(無料)とトイレです。トイレは古く必要最小限のつくりですが、貴重です。八島ヶ原湿原にも一応トイレはありましたが、かなり抵抗のあるものですので。

⑦道の駅 美ヶ原高原

ビーナスライン

ビーナスラインのドライブもいよいよ終盤。目指すは今晩の車中泊予定地、道の駅「美ヶ原高原」標高2000m!(道の駅としては全国で最も高い)

道の駅 美ヶ原駐車場

到着しましたが車が多い!これはやばいな~と思っていたら、夕方近くには次々と移動し車中泊の車だけが残り、車中泊は快適に過ごせました。早朝は気温14℃まで下がり雲海をみることもできました。

まとめ

以上、初めてのビーナスラインで、観光スポットめぐりでした。

  1. 御射鹿池
  2. 北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅
  3. 女神湖
  4. 白樺湖
  5. 霧ヶ峰 富士見台
  6. 八島ヶ原湿原
  7. 道の駅 美ヶ原

思っていた以上に感動した景色や体験ができたり、そうでもなかったりといろいろあり、関西ではなかなか味わえないことの連続でした。またビーナスラインはその名の通りたいへん美しい道で、必ずまた来たいと思います。次は今回気付かなかった魅力も発見できるでしょうし楽しみです。

ビーナスラインを走っていて一つ気になったのが「街灯が全く無い」ということです。想像ですが日没後に走るのは危ないと思います。おそらく車のライトだけでは厳しいでしょうし、霧につつまれたら最悪動けないかもしれないです。

今回の記事がこれから信州旅行に行ってみようという方の参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする